発毛の体験を喜びをもって迎えるために

発毛の体験を喜びを持って迎えるためには「実践」が必要です。
何もしなくても生えれば、それが一番うれしいのですが、そうはいかない。

 

薄毛遺伝子をなだめつつ、髪の毛を太く育てていかなくてはならないのです。

薄毛遺伝子が荒れ狂っている時期には、何をやってもムダです。
「焼け石に水」という表現がぴったり。
育毛剤を朝晩に塗るくらいでは、何の変化もないでしょうね。

 

私の場合には23歳でハゲスイッチが入りました。
「ああ、来たのか・・・・・」
という実感がありましたよ。

 

鏡を見るたびに、額がハゲ上がっていく。
恐怖。心配。不安。絶望。
会社の先輩たちが「おい、最近、お前の髪の毛、危ないんじゃないのか?ケケケ」

 

 

幸いなことに、育毛書籍の金字塔「みるみる髪が生えてくる」が、新発売。
昭和56年のことです。
ハゲスイッチオンの数か月後に出版された。

 

運が良かったんだね。
助かったんです。
ハゲからの生還を果たしたのです。

大事なことは野菜を摂ること。
なぜ、大事なのか?
私の実感としては、ハゲ要因を「なだめてくれる」のです。
ハゲをなだめてくれるのが野菜で、あおるのが肉の多食。

 

野菜、野菜、野菜。
私はいろいろなサイトでこのことを主張してきましたが、実践に移す人は多くない。
知識としては知っていても、実践に移さないとハゲは治せない。

 

まずは野菜で「ハゲ要因をなだめる」こと。

「どうぞ、お静まりください」
と野菜を体内に大量に届ける。

野菜だけで髪が生える訳ではないが、野菜なくしてハゲは治せない。

 

 

野菜の摂取方法としては、毎日の食事で摂取するのはもちろん、
野菜スープ、野菜ジュース、野菜酵素。
これらを活用して、十分な野菜成分を摂取する。

野菜ジュースではサンスターの品質の良いジュースを1日2本、3か月は飲みたい。

 

サンスター 健康道場 おいしい青汁

 

体験上、身体の変革が感じられました。

内容成分がいいのですね。

しかも、味もいいので続けることが容易。

これも重要ポイントだったな。

発毛の体験を得るために何をすべきなのか

発毛の体験を実感できた人は幸いです。

ネット情報を見る限り、発毛を体験できない人も多いです。
 

 

 

たぶん育毛剤に頼ったりしたのかな?

今、ネットで育毛法を調べると、非常に育毛剤のサイトに行きつく。

育毛剤の宣伝がすさまじい。

 

それほど売れているということなのか?

過激な宣伝も多いですね。

この育毛剤を使えば生えるといわんばかり。

 

でも、本当に髪を生やすつもりなら「血液」に注目すべきなのです。

つまり「髪が生える血液にする」ことが必要。

その方法の一つにはプロペシアがある。

 

プロペシアを飲むと血液に溶け込み、ハゲ要因を抑え込む効果を発揮する。

ただし、副作用もあり、私は数年でやめた。

あなたもやめておいた方がいい。

 

プロペシア以外の方法で、血液を、髪が生えるものにする。

そのためには漢方の育毛法を活用する。

若ハゲ対策として、具体的には以下の3つが特に効果があった。

 

1.育毛コラーゲン

回生堂メンズミレット

 

2.ドクダミエキス

【お試し・小瓶十黒梅300】

 

3.ビタミンE
トコフェロンEナチュール

 

まずは勇気を出して実行してほしい。

発毛の体験「生えたことがわかった時」

 

発毛の体験は誰もが体験できるものではないです。

 

成功した人は、むしろ少ない。

 

なぜなのか?

 

やはり「ハゲ遺伝子」との対応が難しい。

 

ハゲ遺伝子があると「ハゲるしかない」とまで言い切る人がいます。

 

それは、身近に生えた体験をしたひとを見たことがないからかもね。

 

私はハゲ遺伝子を持ちながらも、ハゲを克服できました。

 

50代後半の今、頭髪を気にすることはないです。

 

安心できます。

 

ハゲはじめた23歳の頃は苦しかった。

 

「ハゲは治せないのではないのか」

 

という恐怖感。

 

でも助かった。

 

「どうしたら髪の毛が生えるのか」という理屈がわかっていたからだと思う。

 

それに加えて、毎月3万円程度を育毛に使うことができたからでしょう。

 

お金を使わなかったら髪の毛は生えなかったと思います。

 

どのような育毛商品がよいのかは、あなた自身で使用してみて、自分で納得しないといけません。

 

自分で「これは、生えそうだ」というものを選び、あとは実行するのみ。

 

これは、育毛漢方の高橋由美子先生も本の中に書いていたことですが、

 

「気づいたら、生えていた」

 

というのが私の実感です。

 

少し不思議な感覚でした。

 

毎日、会社に行く前に鏡を見ているのにもかかわらず、

 

ある日「おや、額部分にうぶ毛が生えてきているよ」という日が来たのです。

 

あなたにも、そういう日が来るといいですね!!

 

その日を楽しみにしつつ、「まだ生えないのか、まだなのか」と必死になりすぎないほうがいいですよ。
回生堂メンズミレット


発毛の体験ホントの話

ヘアセットをするビジネスマン

このサイトの来られた方は、薄毛やハゲに悩んでいる方だと思います。

 

男女を問わず、年齢を問わず髪の毛の悩みは大きいです。

 

見た目が激変しますし、周りの人も心無い言葉を投げかけてきたりします。

 

あなたがイケメンだったり、美人だったりすると、あなたが薄毛化するのが「うれしくてたまらない」人もいたりします。

 

日本社会は「嫉妬社会」でもありますからね。

 

「お前、イケメンだったけど、ここまでハゲ上がる、もう終わったな・・・・」

 

などと先輩社員から言われたりして、はらわた煮えくり返ったりするわけです。

 

でも、もう大丈夫。

私も育毛に成功した人たちの方法を忠実に実行することで髪の毛は復活しました。

 

昭和56年に、ハゲ遺伝子情報にもとづきハゲはじめた私の髪の毛も、1年くらいで克服できました。

 

この育毛方法は、体質そのものを変えるわけではないので、一生続けないといけません。

 

しかし、十分にその価値はあります。

 

ぜひ、あなたには実行してほしいのです。

 

実践したらそれだけ見返りはあります。

 

朝、会社に出勤前に洗面所の鏡を見て「おれって、いけてるよなぁ~」と思えます。

 

もし、ハゲが治っていなければ、自己嫌悪の感情をもって鏡を見ているのではないでしょうか?

 

怖い話です。

 

これでは人生楽しめません。

 

少しだけ実行すると、少しだけ髪の毛は増えます。

 

何も実行しなければ、髪の毛は遺伝子情報に基づき少なくなるばかりのはずです。

 

では、あなたもお忙しいはずなので、答えと言いますか回答をしましょう。

 

今回のサイトでは実行したもののなかで成果のあった方法を箇条書きします。

 

育毛成功の体験  昭和56年の実行項目

 

1.睡眠は7時間以上

 

2.ストレスの緩和

 

3.野菜の摂取

 

4.スピルリナの摂取

 

5.ビール酵母の摂取

 

6.育毛酒を飲む

 

7.イノシシ毛ブラシでの刺激

 

8.コラーゲンを飲む

 

9.プラセンタを飲む

 

10.育毛サプリの摂取

 

11.どくだみ、黒ゴマ、レシチンの同時摂取

 

12.イワシ缶詰やサプリメントによって核酸をとる

 

13.納豆とキムチ

 

14.野草酵素を飲む

 

15.シルクアミノ酸をとる

 

16.ウコン、ノコギリヤシ、カボチャの種

 

17.野菜スープを飲む

 

18.ビタミンEの摂取

 

19.良質のシャンプーの使用とヘアッパクを行う

 

効果の高いのは上記のものでした。

 

もし、「自分はいろいろとやっているのに、髪が生えないのだ」という場合は、

野菜の摂取が決め手になる可能性が大きいです。

 

どうしても野菜が少ない場合には野菜ジュースで補います。
【おいしい青汁】



私が飲んでいる野菜ジュースです。

愛用者になると、いろんな特典の案内があって、楽しいですよ。

参考にしてください。